筋肉太りの人の脚やせストレッチ

普段の何気ない行動が筋肉太りを引き起こし、
脚やせしにくい体にしてしまっていることがあります。

学生時代に運動部で活躍していたけれど、
今はもう運動していないのにも関わらずふくらはぎの筋肉はカチカチだという人や、
健康のために自転車通勤をしているという人や
階段を早足で駆け上がっているという人などは
筋肉太りになっている可能性が高いです。

どれも健康的な生活を送っているように思えますが、
しっかりと筋肉ケアをしていないことによって
脚やせしにくい体質となってしまっているのです。

すなわち、筋肉疲労をしっかりと取り除いていないことが原因なのです。

そういった筋肉太りの人に効果的な脚やせ方法としてストレッチがあります。

ジムなどに行くと
必ずインストラクターからはストレッチを行うようにと説明があるでしょう。

普段の生活においてもきちんとストレッチを行うことによって
筋肉を柔らかくさせ脚やせしやすい体へと変えてくれるのです。

ストレッチを行うタイミングとしては、
就寝前が良いとされています。

一日の筋肉疲労を取り除いてから眠るようにしましょう。

ふくらはぎだけでなく、
全身のストレッチを行うことで血行促進にもなり良い睡眠が取れるでしょう。

脚やせを妨げる筋肉太りの原因

学生の頃に運動部だったという人の中には、
社会人になって運動しなくなった今でも
ふくらはぎだけは筋肉でカチカチになっているという人も少なくないでしょう。

また昔から運動をしていたわけではないのに、
ふくらはぎがししゃものようになっていて
スカートが似合わないと悩んでいる人もいます。

これらは筋肉太りが原因となっていることが考えられます。

筋肉太りのために
脚やせに効果的だとされる食生活に変えても
変化がなかったという人もたくさんいるでしょう。

脚やせを妨げる筋肉太りの原因は何があるのでしょうか。

まず一つの原因として骨格の歪みが挙げられます。

骨格が歪んでいることによって
一部の筋肉ばかりを使用することになります。

正しいケアをせずそのまま放置していると、
筋肉が凝り固まったままになり
脚やせしにくい体質となってしまうのです。

またハイヒールも筋肉太りの原因になると言われています。

オフィスで約8時間、ずっとハイヒールで動き回っているという人は
常にふくらはぎの筋肉を使用していることになります。

自宅に帰った後には、
しっかりとケアをして筋肉疲労を取り除く必要があります。

筋肉疲労を抑えるためにも、
無理な高さのハイヒールは履かず、
入浴後などにはしっかりケアをするようにしましょう。