脚やせを妨げる筋肉太りの原因

学生の頃に運動部だったという人の中には、
社会人になって運動しなくなった今でも
ふくらはぎだけは筋肉でカチカチになっているという人も少なくないでしょう。

また昔から運動をしていたわけではないのに、
ふくらはぎがししゃものようになっていて
スカートが似合わないと悩んでいる人もいます。

これらは筋肉太りが原因となっていることが考えられます。

筋肉太りのために
脚やせに効果的だとされる食生活に変えても
変化がなかったという人もたくさんいるでしょう。

脚やせを妨げる筋肉太りの原因は何があるのでしょうか。

まず一つの原因として骨格の歪みが挙げられます。

骨格が歪んでいることによって
一部の筋肉ばかりを使用することになります。

正しいケアをせずそのまま放置していると、
筋肉が凝り固まったままになり
脚やせしにくい体質となってしまうのです。

またハイヒールも筋肉太りの原因になると言われています。

オフィスで約8時間、ずっとハイヒールで動き回っているという人は
常にふくらはぎの筋肉を使用していることになります。

自宅に帰った後には、
しっかりとケアをして筋肉疲労を取り除く必要があります。

筋肉疲労を抑えるためにも、
無理な高さのハイヒールは履かず、
入浴後などにはしっかりケアをするようにしましょう。

脚やせを妨げる筋肉太り

むくみに効果のある脚やせマッサージをしても、
いっこうに足が細くならないとがっかりしている人は
筋肉太りの可能性があります。

筋肉太りも脚やせを妨げる原因とされ、
通常の脚やせマッサージでは効き目がないことも少なくありません。

そもそも筋肉太りとは鍛えられた筋肉ではなく、
筋肉の疲労をそのままにしてしまい
どんどん硬くなってしまっているのです。

また骨格の歪みによって一方の筋肉ばかりを使用してしまい、
しっかりとケアしなかったことによって凝り固まった状態になっているのです。

こうした筋肉太りが見られる人は、
よく耳にする血行不良を解消する脚やせマッサージを行なっても
期待するような効果は見られません。

自身の足が筋肉太りであることを把握して、
それに適した方法で脚やせ方法を試みることが必要なのです。

まず一つとして、正しい姿勢をキープすることが挙げられます。

骨盤が歪んでいる人は、
まずその歪みを矯正して均一に筋肉を使うような生活を送ることが重要です。

また毎日もしくは時間に余裕のある週末などには
足のケアを忘れずに実施しましょう。